闇金に手を出してしまうきっかけ

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄

闇金から借り入れをしてしまう人の多くは,クレジットカードのキャッシング利用で失敗した経験を持っているのではないでしょうか。
最初にクレジットカードを持つきっかけは何でしたか?

 

初めて海外旅行に行くとか,社会人になったからなどでしょうか。
給料日前にお金が足りなくなり、軽い気持ちでしたキャッシング。

 

給料がはいって返済できているうちはまだ良いのですが、クレジットカードでボーナス払いにて大きな買い物をして躓く方が大変多くなっています。
不景気によりボーナスカットなんて話はザラにあります。

 

それでも容赦なくボーナス払いの支払い期日は迫ってくるのです。
そうなると、ショッピング枠を利用しているためキャッシング枠も目減りして融資が受けられなくなります。

 

しかたなく、なにげなくポストにはいっていた「審査なしでお金貸します」と書いたチラシに電話してしまうものです。
でも、そんな美味しい話はあるわけないのです。

 

チラシの業者はたいてい闇金業者です。
最初は1万円などの少額で何度かやりとりをし、実績が付いたからと勝手に10万円を振り込んできたりするのが闇金業者の手口なのです。

 

そうなるともう金利を払うことさえ困難になり、闇金地獄が待っています。
学校ではクレジットカードやキャッシングの正しい利用における注意点などは教えてくれません。

 

過度に利用すれば多重債務を抱えることになり,そうした方を狙う闇金は非常に多いということをよく理解したうえでクレジットカードを利用するべきです。
クレジットカードのメリットはいろいろあると思いますが,私の場合はオンラインショッピングの決済に便利であるということが一番に挙げられます。

 

しかし便利さというのはそのままデメリットにも通じることです。
つまり,気をつけないと使い過ぎてしまうということですね。

 

お財布にお金が入ってなければ買わない商品でも、カードだとクリックするだけサインするだけで買うことができてしまいます。
クレジットカード利用者が保有しているカードの枚数は「1枚」と「2枚」が最も多いとのことです。
用途によって使い分けているという方が多いのではないでしょうか。

 

お財布がカードでかさばるくらい持っているという方は自分がどのカードをいつ利用しているか一度見直してみたほうがよいかもしれませんね。
店頭などで勧められるまま作ってしまうと,どんどんカードが増えてしまいます。

 

作りすぎてしまうと年会費がかさんだり管理がしきれずクレジットカードが不正利用された場合に対応が遅れてしまうなどのリスクも考えられます。
所持していることによるこうしたリスクについても覚えておいていただきたいと思います。

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化目的で使用する方がいらっしゃいますが、これはカード会社の利用規約に反する行為です。
カードの利用停止・強制退会となるおそれがあるほか「クレジットカード現金化」を口実に金をだまし取る詐欺も横行していますので、そうした行為はしないようにしてください。

 

クレジットカードが使えなくなった後に金策の必要に迫られて闇金からの融資勧誘に乗ってしまうというケースが多いので、
カード利用方法を誤らないように気をつけてください。

比較ページへのリンク画像